【愛犬の病気を防ぐ】予防接種を受けさせるときの注意点を知ろう

大切なペットを預かり

安心のサービス

犬と猫

海外旅行や国内旅行をする時にペットを飼っている人はどうしてもペットの管理が心配になります。
特に長期間にわたる場合は、知人などに預けることもありますが、迷惑をかけるとしてためらう人も多いです。
そんなペット愛好家にとって便利なものがペットホテルです。
日本を代表する国際空港である成田空港の周辺には数多くのペットホテルがあり、飼い主が安心をして預かってくれるようなさまざまなサービスを提供しています。
かつてはペットホテルというと預かってくれるのみというサービスが多かったのですが、競争の激しい成田空港周辺では、それぞれの会社が競い合いをして質の高いサービスを提供してくれるようになっています。
成田空港周辺のペットホテルでは、お出かけをするサービスだけでなく、ペットの状況をインターネット回線を通して毎日報告したり、こだわりの食事を提供したりするところが増えています。
ペットだけが便利になるだけでなく、駐車場を完備しており、ペットホテルに預けてそのまま成田空港に送迎をしてもらうことができるようになっているところもあります。
こうしたところは利用者にとっても便利であることから人気があります。
最近ではペットを飼う人が増えているので成田空港でペットホテルを選ぶ人が増えてきています。
インターネットを利用して予約が可能になったり、ポイントによる割引サービスがあったりと会社によってお客さんに便利なサービスをどんどん提供してくれます。

注意点と業者の選び方

動物

ペットが死んだとき、遺体の処理としては三種類の方法があります。
自治体の引き取り、土葬、ペット火葬です。
自治体の引き取りはごみの処分とほぼ同等の扱いとなるため、ペットの肉体にこだわりがない人にはよいでしょう。
ですが、ペットに愛着を持つ多くの飼い主にはなかなか選択できない選択肢といえます。
土葬は、自分の敷地内に一メートル以上深く穴を掘れば法律的にも衛生的にも問題ないとされています。
しかし、作業の大変さと衛生面の不安さからやはり選ぶ人は少ないです。
このような特徴があるため、多くの飼い主はペット火葬を選んでペットを処分します。
ペット火葬は、自治体で行っていることもありますが、民間の業者でも行っています。
自治体ではほとんどが合同火葬となるため、個別のペット火葬を希望する場合は民間業者に依頼しなければなりません。
ペット火葬業者を選ぶときのポイントは、飼い主がどのようにペットをおくりたいかです。
具体的には、返骨を希望するかや葬式をあげたいか、料金などを総合的に勘案して選びます。
ペット火葬は合同火葬の方が安くあがります。
ですが合同火葬だと返骨は不可能となるため、お骨を手元に置いて供養したい人は個別火葬を選ぶことになります。
また、葬式をしたりお墓に埋葬したりして供養してやりたいという人はそういったプランがあるかもチェックしなければなりません。
希望するプランがあるかをチェックしてから、費用をチェックします。
オプション費用がどのような条件で発生するかなどもきちんと確認して、法外な料金をとられないように注意しましょう。

棺の準備や遺骨の加工

花

家族が亡くなった場合、遺族は葬儀や火葬によって供養することになります。
そして現在では、ペットを家族として考える人が増えていることから、ペット供養が注目されるようになっています。
死後に人間と同じように葬儀を行い、火葬で骨にした後、適した場所に納骨するのです。
こういったペット供養は、専門業者に依頼すれば、スムーズに進めることが可能となります。
専門業者には、棺や祭壇の用意、宗教関係者や火葬の手配などを任せることができるのです。
しかも、ペット用の棺や祭壇には様々なデザインのものがあるのですが、専門業者は飼い主の希望に合うものを用意します。
火葬も、他のペットと合同で行ったり、単独で行ったりと、自由に選択できるようになっています。
さらに、飼い主の都合などにより、死後にすぐに葬儀や火葬ができないという場合には、遺体の保冷サービスも行われます。
またペット供養では、火葬後の遺骨をペット霊園に納骨することが一般的となっていますが、中には遺骨になったペットとの別れを惜しむ飼い主もいます。
そのような飼い主のために、昨今では専門業者の多くが、自宅にインテリアとして飾ることのできる、ファンシーなデザインの骨壺を用意しています。
ペンダントとして使用できる、ロケットタイプの骨壺もあります。
さらに、遺骨そのものをレジンに入れて固めてアクセサリーにするという専門業者もいます。
こういったサービスからも、ペット供養の需要は高まっているのです。