【愛犬の病気を防ぐ】予防接種を受けさせるときの注意点を知ろう

最後の責任を果たすには

火葬の種類を知っておこう

線香

人よりも短い期間しか生きられないペットの最後は、どうしても飼い主さんが看取ることになります。
飼い主の責任としてペットが亡くなった後には、しっかりとペット葬儀のことまで考えておきたいものです。
ペット葬儀を行うとは、一般にはペットを火葬することを指しています。
ただ、この火葬方法には4つの方法があり、飼い主さんの希望によって選ぶことになります。
他のペットたちと合同で火葬し、埋葬も他のペットと一緒に埋葬される合同火葬があり、返骨や立会いは基本的にできないペット葬儀です。
また、ペット葬儀を行う業者に一任する個別火葬もあり、自分のペットのみ火葬してもらい、返骨を希望すれば返骨してもらうことができます。
そして、人の葬儀に近いペット葬儀もあり、家までお迎えしてもらい飼い主さん立会いのもと荼毘にふし、飼い主さん自らがペットのお骨拾いもきちんとできます。
大阪の自宅でペット葬儀を行いたい人は、移動火葬車に自宅まで来てもらい、火葬からお骨拾いまで自宅で行う方法がおすすめです。
大阪でペット葬儀を依頼する業者を探す際には、まずさまざまな業者があることを理解した上で、比較検討を必ずしましょう。
飼い主としてどこまでペットの亡骸に寄り添いたいのかによっても、選ぶ業者や火葬方法は違うので納得できる大阪のペット葬儀業者を探しましょう。
大阪のペット葬儀業者のチェックポイントとしては、飼い主さんの気持ちを理解してくれるかどうか、料金の説明や内容がはっきりしているか、火葬後の詳しい説明があるかなどです。

飼う前に知っておくべき点

犬と猫

ミニチュアダックスは胴長短足のユニークなボディが特徴的な犬種です。
ミニチュアダックスは小型犬に分類され、成犬になっても体重は5キロ未満であることがほとんどです。
そのため抱えて移動することができるため、日本の住宅事情でも飼いやすく、一気に人気となりました。
可愛らしい顔立ちと性格のよさも人気の理由です。
ミニチュアダックスを飼うときに注意すべき点としては、ブラッシングとしつけ、病気などがあります。
ミニチュアダックスはダブルコートの抜け毛が多い犬種であるため、定期的なブラッシングはかかせません。
皮膚のトラブルを防ぐためにも定期的にブラッシングしてやりましょう。
ミニチュアダックスはもともと猟犬として作出された犬なので、自立心が強く活発な性格をしています。
賢いためしつけは受け入れやすい犬種ですが、自立心が強いため甘やかすとつけあがります。
飼い主がリーダーであることをきちんと教え込むことが大事です。
また、警戒心が強く吠えることが多いため、小さいうちから他犬と触れあわせて社会性をはぐくむことも重要となってきます。
胴長短足の犬種は椎間板ヘルニアになりやすいという特徴があるため、抱き方には注意しましょう。
活発で運動好きな犬種のため、歩きたがらないときは病気を疑う必要があります。
また、肥満になるとあらゆる病気と怪我のリスクが高くなるため、肥満にならないように注意しなければなりません。
運動は好きなので毎日散歩にいき、ボール遊びをしてあげたりと運動させるとよいでしょう。

なりやすい病気を知ること

男性

トイプードルといえば最近特に人気のある犬種のようで、道を歩いていてもよく散歩中のトイプードルを見かけます。
賢く友好的な性格、そして何よりもそのぬいぐるみのような愛らしい姿にメロメロという方も多いのではないでしょうか。
実際に飼っている方、もしくはこれからトイプードルを家族に迎えようと考えている方にちょっと知っておいてほしいことがあります。
ペットも人間と同じ生き物です。
生きていれば体調が悪くなることもありますし、病気になることももちろんあります。
そこで、大切な愛犬のために、またこれから迎える新しい家族のために、トイプードルの気を付けたい病気について知っておきましょう。
まず、トイプードルで一番多いと聞くのが、後ろ足の膝のお皿が外れてしまうという病気です。
トイプードルは膝がどうしても弱い犬種で、体重の増加や階段の上り下りなど、なるべく膝の負担にならないように注意してあげることが大切です。
次に多いトラブルとしては、外耳炎、皮膚病、目の病気などです。
トイプードルは耳が可愛らしく垂れているのが特徴的ですが、垂れているために耳の中が蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすいのです。
愛犬が耳をかゆがる仕草を見せたり、耳から異臭があったら動物病院に連れて行ってあげましょう。
次に皮膚病ですが、最近ではペットの中でも、アレルギーやアトピー性皮膚炎などが多く見られます。
皮膚が赤くなっていないか、湿疹がないか、こまめに体を触ってチェックしてあげましょう。
そしてあのウルウルとした可愛い瞳、その瞳に関する目の病気は、非常に多いとされています。
トイプードルは涙が出やすい犬種で、その潤んだ瞳が目の病気につながりやすいので、定期検診などで、先生に目の様子を見てもらう習慣をつけるといいです。
私達に癒しと元気をくれるペット達、病気にならずに一緒に元気に暮らしていけるよう、日頃から愛犬のサインに気を付けておく事が大切です。